2005年11月26日

NZ旅行 テカポと南十字星

テカポというところに行ってきました。
町には300人程度しか住んでおらず、光が少なく
サウザンアルプスに囲まれ、乾いた空気が流れ込むので天候も良好な日が多い場所。

天体観測にぴったりなところなのです。


北側の方が日当たりのよい南半球。
星はどんな感じに見えるのか楽しみです。


IMGP2223.JPGどよーん
と、いきなり曇天。
星が見えなければ何をしに行ったのか分からないのでは?と不安でいっぱいに。

それにしても、以前、「クイーンズタウンに行くんだったら車で行ったら?」と隣のおばあちゃんに言わた理由が今やっと理解できました。

市内を離れれば100キロ道路で渋滞もなく景色は最高。
テカポはクイーンズタウンのだいたい中間地点の場所なので、休憩を取りながらのんびりゆけば車もなかなかいいかも。

おばあちゃん…即答で「NO!」と言ってごめんなさい。


tekapo1.JPG善き羊飼いの教会 結婚式をしてました

さすが「晴れの国テカポ」(今、私が命名)
雲ひとつなく晴れました。

tekapo1.JPG
犬も嬉しくて吠えちゃう

善き羊飼いの教会は「ニュージーランドの歩き方」の表紙にもなっている場所。
絵本に出てくるような景色が広がっています。
教会の中も息をのむほど美しいので行った方はぜひ入ってみてください。

そして、その背中には湖!
tekapo6.JPG湖の向こうにはサウザンアルプス

この湖がすごーーーーーーーーく綺麗でした。
水の色って本当に「水色」なんですね。
池とか機械的に「水色」で塗ったりするのは昔から疑問だったのですが、
この湖を書くんだったら白と青を混ぜたあの「水色」で塗ってもいい!
そう思った湖でした。

その色がこれ。
tekapo3.JPG小さいのは「かいつむり」

本当に水がこの色なんです。夢でも見てる気分。
水って不思議だなぁ…と魅入ってしまいました。


tekapo4.JPGモーテルからの眺めも最高♪ 山々の夕焼け

近くを散策した後、晩御飯を食べてのんびりしていたら日が暮れました。
さて、これからがメインイベント。星見観測ツアーです。

天文台に行くのかと思ったら近くの牧場で研究の一環で観察しているので
そこにお邪魔するとの事。

モーテル前でも星が多かったですが、観測場所に近づくにつれ文字通り
      満 天 の 星 空 。

それを見ただけでも感動なのに、南十字星・天の川・大マゼラン星雲・中マゼラン星雲を肉眼で見ることができました。


南十字星は日本では見ることができない星座(一部の地域を除く)
ポインターとなる二つの明るい星を探して、そこから十字になる星を見つけます。
近くには一回り大きなニセ南十字星もありました。

南十字星の縦の棒を上に4.5倍したところが南極星だそうです。
こちらは暗い星なので肉眼では見ることができません。
(Wikiみなみじゅうじ座 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%98%9F )

ニュージーランドの天の川はちょうど濃い部分が真上に来るので
本当にミルキーウェイといった感じがします。

天の川は銀河系の星の集まりが白い雲のように見えているもの。
双眼鏡で見ると点々と星達を見ることができました。綺麗…。
(Wiki天の川 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E3%81%AE%E5%B7%9D )

その斜め上には大・小のマゼラン星雲。
白くぼんやりとした雲のような感じでした。
(Wiki大マゼラン銀河 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E9%8A%80%E6%B2%B3 )
(Wiki小マゼラン銀河 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E9%8A%80%E6%B2%B3 )

月並みな感想ですが、16万年や20万年前の光を見ている今の自分がとっても儚くて小さな存在に思えました。


その後は、星座の説明。
オリオン座はすぐに分かりました。腰ベルトの3つの星は特徴的ですね。
南半球で見ると星座は北半球で見るものの上下左右対称になります。
(北半球の人から南半球の人を見るとすると逆立ちしたような位置関係になるので。)

星座が全部ひっくり返っているので変な感じです。
羊もヤギも水がめもひっくり返ってる。
私が知っている星座って北半球で名前がつけられたんだなぁと実感。


その後は、ドームに入って望遠鏡で天体観測。
大マゼラン星雲なかにあるタランチュラ星雲や
星の宝石箱と呼ばれるプレアデス星団(すばる)など色々見せてもらいました。


その後は毛布を敷いて寝っころがって星空鑑賞。
流れ星がいくつか見えました。
もっと見たいよー。


湖といい星空といい、自然って癒されます。
はぁ…体の中に綺麗なものがたまってゆく感じがします。
posted by ダウ at 11:02| Comment(2) | TrackBack(1) |  ニュージー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よい旅行だねぇ。
日本の風景もすごく好きなんだけど、海外の自然もすごくいいね!
やっぱり自然はどこも美しいね。
Posted by ふみ at 2005年12月01日 15:25
うんうん。日本の景色も綺麗だよねー。私も好き!
秋とか特に赤が鮮やかで。
ニュージーランドは ひろーーーい って感じがする。
Posted by ダウ at 2005年12月01日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 南極星南極星(なんきょくせい)とは、天の南極またはそれに非常に近い位置に存在する明るい恒星のことである。北極星と違い、2006年現在これに該当するものは存在しない。はちぶんぎ座の中に天の南極が存在する..
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 08:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。