2006年06月30日

モンゴル

いつか行きたい国 モンゴル
そのモンゴルの料理を千石空房の人たちと食べに行きました!

image/girlsinlove-2006-07-02T14:07:36-1.JPGシリンゴル
行ったのはモンゴル料理屋「シリンゴル」
http://www.e-food.jp/restaurant/visit/shilingol.htm
住宅地に突如として現れます。

主には羊を煮たり蒸したりする料理が多かったです。
シンプルだけどおいしかった〜!
IMGP3629a.JPG肉です。肉。

しかも、8時からは馬頭琴ライブ。
お母さんを思う歌や馬が疾走する歌など
しっとりした曲だったり迫力のある曲だったりとバリエーション豊かでとっても面白かったです。

モンゴルは羊を主に食べる国。
マトンとか出てきて‘臭くないのかな??’とおそるおそる食べてみると全然臭くない!

びっくりしました。
何か調理法に秘密があるのかな??
ラム肉でも臭みが気になる事があるのに、香辛料で臭みを消してるわけでもなくおいしい。。。

羊のダシで作ったうどん(のようなもの)とかもおいしかったなぁ。


ビールはウランバートルで最近から作られ始めた「チンギスハーンビール」というものを飲みました。

説明のところがロシア語のようなもので記述。
あれ?モンゴルってモンゴル語だよね??なんでロシア語なんだろう。

結構、酔っ払って電車の中で少しだけ眠ってしまいました(+.+)(-.-)(_ _)…zZ
posted by ダウ at 23:07| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) |  古民家再生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて食べたときは茹で肉は食べにくかったんだー!
しかもいちよwクリスチャンなので神なる子羊食べちゃうよ〜!
とか思ってた。
でも2回目からはヘルシーで身体も暖まるしコラーゲン一杯で
良いことづくし♪
調理法はやっぱり本場だからかな?
羊もたしか一頭買いしてたような?

シリンゴルの説明、私のコピぺかな?たまたま?同じですw

田尻さんはチンゲルトさんと中国語で話してるみたいよ。
隣接してるからね、中国と。。
Posted by sakura at 2006年07月02日 20:20
TO sakuraさん
あー、確かにゆで肉は結構グロテスク(?)かも。
羊1頭ってスゴイですね!

>シリンゴルの説明、私のコピぺかな?たまたま?同じですw
ぎくっ。シリンゴルのサイトのURLコピペしてしまいました。というか、sakuraさんの文章を読んだ後、すぐに書き足したらそのまんま影響されてますね(;・∀・)グハッ

田尻さんとチンゲルトさん、中国語で話してるんですねー。
隣の国の影響って大きいんだなぁ。
Posted by ダウ at 2006年07月03日 07:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック