2005年08月08日

部屋の壁を塗る−その1−

日本で壁紙が汚くなったり古くなったりしたら
「我慢する」か「業者の人に頼んで張り替えてもらう」のが普通だと思います。

ニュージーランドでは、「自分で張り替える・塗りなおす」が一般的らしいです。

ということで、大家さんと一緒に「部屋の壁を塗るゾ計画」を実行しました!


今、借りている家はメンテナンスもすんでいないので
DIYし放題の家です。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ(だまされてる?とたまに思う)


壁の塗りなおし方は
1、壁紙をはがす
2、やすりがけ
3、色塗り
4、やすりがけ
5、色塗り
6、仕上げの色塗り


…結構大変そう。

日曜は半日かけて1番をしました。
なかなか楽しかったでするんるん

IMGP1420.JPG
まずは手で取れるところはべりべりはがします。
古いせいか簡単にはがれて気持ちがいい!
(ちなみに、これは夫)

前の住人はずぼらだったらしく壁紙の下に壁紙が出てきました。
しかも、1960年代の。ちょっと貴重かもしれない…。

IMGP1426.JPG
そんな貴重かもしれない壁紙に穴を開けていきます。
とげとげが付いた道具(なんていうんだろう…)でめちゃくちゃに穴を開けまくる!

どうして穴を開けるのかというとスチームでふやかして古い壁紙をこそげ落とすため。
よくふやけるようにしっかりと穴を開けます。

下の写真はスチームの機械。水を入れてスイッチを入れると10分ほどでお湯が沸いて蒸気が出ます。
IMGP1423.JPG
ちなみにこれは大家さん。

IMGP1424.JPG
シュゴー ずざざざー
(蒸気を当てる音 へらで壁紙をそぐ音)

あっという間に部屋がサウナ状態になってきました。
6畳くらいの部屋を途中休憩をはさんで4時間ほどで壁紙をはがし終えました。
IMGP1431.JPG
今はこんな感じ。

終わった後は大家さん夫婦とカフェで食事。
手伝ってくれた御礼にとおごってもらいました。やった!
本当は、私のほうこそ御礼をしたかったんだけど。
posted by ダウ at 10:27| Comment(4) | TrackBack(0) |  ニュージーランドでDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壁紙貼りかえるのって相当な労力がいる感じだぁ。
次はやすりがけかぁ。
どんな感じにやるんだろう。楽しみにアップ待ってます。
Posted by ふみ at 2005年08月08日 15:08
言いだしっぺだけど、結構疲れてしまいました。
昨日、ヤスリがけだと思ったら穴をうめる作業だったよ。
また、アップしまーす☆
Posted by ダウ at 2005年08月09日 14:22
うちも今は弟が使ってた部屋にいるんだけど穴が気になってうめたよー。でも壁紙の上からそのままやったからすっごく目立ってるけど・・・(ーー;)
Posted by ふみ at 2005年08月09日 16:08
ちょっと気になりだすと目がいってしょうがないよね。
でも、貼りなおしなんてできないし…うーん。
Posted by ダウ at 2005年08月11日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。