2005年09月02日

物語を紡ぐということ

昨日から短編の脚本を書いています。

ニュージーランドにきてから、書こうともがいたり諦めたり設定直したり
…6ヶ月(それ以上?)間、頭の中で育ててきたものを外に吐き出してます。
無理やり書こうとしても書けないのに、
行き成り波が来て書けるようになるのはとっても不思議な感じ。
とりあえず、書けなくなるまで波に乗って書いていこうと思っています。


今、私はgirls in loveというサイトを作っていますが、
その前は「モノクロワールド」という別のサイトも持っていました。
そのサイトは、プロバイダを変えたため今はありません。

そこでは、色んなお話を考えて書いていました。
私の文章は物語と言えるほどのものではないかもしれないけれど、
自分の中に溜まっていた物語をどんどん紡いでいくような感じでした。
あの頃は、書きたいものがどんどん出てきてどんどん書いていました。
今もそんな感じです。
もっと書きたい。あれも書きたい。そんな感じ。

書きたいという衝動の「元」は様々で、こんな出来事を書きたいというときもあるし、
こんな女の子が書きたいと思ったりするのが切っ掛けで物語を紡いでいきます。
それは、私そのものではないのだけれど、私の一部であるのは確かな気がします。

物語を紡ぐということ―それは、私の一部を紡いでいくことと同じなのかもしれません。
posted by ダウ at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) |  ニュージー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだよねー。
「書きたい!」って思っててもなかなか思うようにできないこともそりゃあるよね。
ちょっと思い返してみるとうちもよくあるなー。

書きたい事が書けるって感じで思った事が出来きてる時は結構幸せな感じかな。苦しい部分ももちろんあるだろうけど。

「私そのものではないのだけれど、私の一部〜」って書いてあるけど、自分とは正反対と思っててもどこかに一欠けらでもそういう部分が自分の中にあるんだろうね。

うちも実は最近自分の以外な一面を発見してしまったのだよ。周りに話したらひかれたけど…
Posted by ふみ at 2005年09月02日 22:47
ふみちゃんの意外な一面…なんだろう??
しかも、ひかれたの???

でも、私も他人に話したら「意外!」って言われそうな一面っていっぱい持ってるかも。


今、結構いい感じで表現できる期間に入ってます。
うんうん幸せだねー。
Posted by ダウ at 2005年09月04日 07:18
「え゛〜( ̄△ ̄;)」
てな感じでひかれた・・・
あんまり人に言わないでおこうと思ったよ。
Posted by ふみ at 2005年09月08日 14:33
…ますます気になるね(^^;;
Posted by ダウ at 2005年09月08日 17:40
また機会があったら話すよ(^▽^;)
Posted by ふみ at 2005年09月08日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック