2005年10月29日

クイーンズタウン旅行その1

私の両親がニュージーランドにやってきました。わーい
4泊5日と短いですが、クイーンズタウンを旅行したり、市内観光したりと充実した数日でした。
ということで、書き綴っていきます。
お時間ございましたらお読みください。


q1.jpg

クイーンズタウン 美しい湖と山々。女王に相応しい町として名前がつけられました。
街はこじんまりとしていますが、湖の周りをのんびりと散歩したり
ラフティング、ジェットボート、バンジージャンプなどアクティビティも多々あります。



近所の人に4泊5日でくると言うと「短いのね〜!」とおどかれてしまいました。
うーん。確かにこっちの人は1週間や2週間は普通に行ってるからね。
でも、NZには日本から片道1日くらいはかかるし、
両親は仕事してるから仕方がないのかも。
特に母は1週間も休むなんて今までに無かった事かも。

行きは 岡山→名古屋→香港→オークランド→クライストチャーチ
帰りは クライストチャーチ→オークランド→香港(一泊)→名古屋(一泊)→早朝、岡山へ
と強行軍。
(母曰く「朝一で帰って仕事する。」父曰く「あと3日休みをとったから山登りに行く。」)


NZ旅行前、スカイプで母と話していると「クイーンズタウンとマウントクックとミルフォードサウンドには行きたいわぁ♪」とのこと。

御前等、どこまで元気なんだ!!!???







とりあえず、私にはお金も元気もそんなに無いのでクイーンズタウンとミルフォードサウンド旅行を手配しました。
アクティビティにジェットボートも。(詳細は後で)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

さてさて、NZ旅行1日目
朝早く空港に行くとげっそりとした父と元気いっぱいの母がもう到着していました。

「また飛行機にのるんか?」とますますげんなりする父にビールを与え
50分飛行機に乗りクイーンズタウンに向かいます。

話を聞くと父は香港のところで飛行機に疲れたから帰りたいと言っていたそうです。はやいよ。

飛行機から見える山々はとっても高く綺麗でした。
木があまり生えていなく「日本以外では木が生えていないのが普通らしいよ。」と
私が偉そうに両親に説明しながら到着。

クイーンズタウンの空港は山がでーんと目の前にそびえたっています。
でも、距離が離れているのか広々しています。ここも空が広い。

うわー。っと思っていると後ろから父の笑い声が。
母が飛行機から降りたところで写真を撮ろうとして怒られたらしいです。
…早速何をしているんだ、母上様。


今日は長旅で疲れただろうからクイーンズタウンのメインストリートをうろうろした後
日本食レストランで食事をしました。
お父さんと二人で熱燗をちょっぴり。久々に一緒に呑む人がいて嬉しい!!楽しい!!!
やっぱり飲むなら酒好きの人と飲むのが美味しいね!!!!


メインストリートのお店にはpinkという雑貨屋さんが可愛かったです。
うーん。日本からきたらそうでもないかな???
クライストチャーチでの可愛い雑貨屋さんに飢えた状態で行ったので感動物でした。
外の外観はピンク一色でいまいちですが、品揃えは甘すぎず可愛くいい感じです。
思わずカード型のレシピ集を買ってしまいました♪

夜に飲み会をしようとワインのテイスティング(有料)が出来るお店で
父と私で試飲しまくり(といっても二人で10ドル分だけ)赤ワインを一本購入。
ここでも母が
「決まった?呼んできてあげるわ♪ちょっと!ワイン見てあげて!!!」
  ( 全 て 日 本 語 )
おかんパワー炸裂です。痛いです。
というか、自分も無理やり英語を話してるけど、こんな感じなのかな?と眩暈がしました。

夜は両親の部屋で4人で飲み会。(といってもほとんど私と父で一本飲んだ。)
半年振りにあったのでみんななかなか話が尽きませんでした。



次の日はミルフォードサウンド バス旅行だ!
posted by ダウ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) |  ニュージー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック