2005年10月31日

家に着いた!

私には毒舌の女友達がいます。
正直、彼女の毒舌は…大好きデス!!

悪気もなく吐き出す言葉が毒まみれ。
うわーん。さらりと酷いこと言うなぁと思いながらも
なぜか憎めない面白可愛いキャラの彼女。

しかし、それを上回る毒舌家がいた。

それは、私の母。





(ラプ、ネタにしてごめん☆いつも毒舌という訳じゃないよ。)

今回も何か言われる前に対策をせねば。
ということで、私の家に行く前に家の悪い点を母に散々吹き込んでおきました。
ほら、人でも印象が悪い人ほどちょっとした事で善い人になるでしょ。
それと同じで家も「ぼろいよ」「ふるいよ」「汚いよ」と何度も繰り返し言って
悪い印象をつけていたのでした。


クイーンズタウンからようやくクライストチャーチへ。
私の家に到着です。
戦略成功。

「あら、可愛い家じゃがん。」

やったーーー。
と思ったのもつかの間

「でも、この絵は失格。」

と居間に飾ってある私が描いた絵は失格になってしまいました。
ふと気が付くと父はさっそく庭の草取りをしている。

しなくていいから!

父の庭掃除は段々エスカレートし、
芝刈り、剪定、植え替え、花壇作りなどなど
次の日の朝も早起きをして汗をかきつつしてくださいました。
というか、何しにきたんだ!

ふと気が付くと母は勝手に失格の絵を片付けて
別の絵を飾っていました。

…それ、描きかけだから!


うう。個人個人好き勝手に動いてます。
そう、私の家は個人主義。
自分がしたいことは主張し、しなくてはならない。
そのDNAが私に刻み込まれている。
…と改めて思ったニュージーランドの夕方。
夫はあきれてぼんやりしてました。


夜はお気に入りの韓国料理のお店へGO♪
豚の焼肉を頼んだら大盛りでビックリ。
キムチ鍋も頼んでいたのに多すぎて私は食べられませんでした。
(他のみんなは食べたけど。)
とほほ

またもや、お母さんが
「あのう。もう一つお茶碗ください。お・ちゃ・わ・ん。」
と日本語で話しかけてる。まあ、そんな夜でした。
posted by ダウ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  ニュージー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック